信頼できる皮膚科でにきび跡をなかったことに。

諦めかけていたニキビ跡、治せます

診察の流れ

笑顔

受付まで

にきび跡で悩んでいて、初めて皮膚科を利用するといった場合、どのような流れで診察を受けることになるのか?不安に感じる人もいることでしょう。そこで、にきび跡治療の流れについて紹介します。

皮膚科によって異なりますが、多くの場合初診時は予約となります。予約をしていなければ診察を受けることが出来ない場合がありますので、診察を受ける前に確認をしておきましょう。
予約方法は、ホームページ、メール、電話などがあります。

受付を済ませると、問診票を記入します。いつからその症状があるのか、既往歴、現在服用している薬、妊娠の有無、喫煙の有無などです。
診察前に、このような点を自分でまとめておくことで診察がスムーズになりますし、最適な治療方法で治療を進めることが出来ます。

病院の待合所

施術完了まで

医師に症状を確認してもらい、問診票をもとに、にきび跡の原因、種類、適した治療法について話します。ケミカルピーリングやレーザー治療などを行う場合には、契約書にサインをする必要があります。すぐにサインをする必要はありませんので、家で考えることも可能です。
治療内容や費用などに納得できれば、契約書にサインをして施術を行います。施術は予約制となっている場合がありますので、すぐに受けることが出来ない場合もあります。

施術を行う場合にはノーメイクです。当日はメイクをせずに皮膚科へ行きましょう。皮膚科でメイクを落とすことも出来ますが、時間短縮のためにノーメイクで行きましょう。
施術によって、当日メイクをすることが出来ますので、通常の日常生活を送ることが出来ます。