信頼できる皮膚科でにきび跡をなかったことに。

諦めかけていたニキビ跡、治せます

皮膚科で行う治療方法

肌の手入れ

光を使って

軽度のにきび跡であれば、スキンケアや生活習慣の改善などで改善することが出来ます。しかし、深いクレーターやケロイド状になってしまった場合には自分で症状を改善することは困難です。そのため、皮膚科で治療を受けなければなりません。
皮膚科で治療を受ける場合、基本的には保険適用外となります。そのため、治療費は全額自己負担となってしまいますが、美しい肌へ導くことが出来ます。
皮膚科によって取り入れている治療方法は異なりますが、一般的な治療方法は光を利用した治療方法です。

光治療はにきび跡の部分に光を照射して、コラーゲン繊維を再生させます。広範囲に渡って治療を施すことができ、肌への負担もほとんどかかりません。
レーザー治療は、光治療と施術方法は同じですが、光治療に比べて光の出力が高くピンポイントで施術が可能となります。深いクレーターにも適しています。

ニキビ跡の治療

その他

にきび跡治療は、光やレーザー以外の方法でも治療をすることが出来ます。その方法とは以下のとおりです。

・ケミカルピーリング
肌の表面に薬剤を塗り、古い角質を除去します。そして、肌のターンオーバーを活性化させます。にきびだけではなく、シミ、くすみにも効果的です。

・ダーマローラー
細い針を皮膚に刺し、コラーゲン繊維を再生させます。そうすることで、肌の凹凸を解消することが出来ます。

・イオン導入
肌に弱い電流を流すことによって、美容成分や美白成分を皮膚の深層部分に注入します。にきびやにきび跡で悩む人だけではなく、美肌を目指す人全般に効果的です。

このようににきび跡治療には様々な方法があります。にきび跡の程度や体質によって適している治療方法は違いますので、医師と十分相談をした上で治療方法を選択しましょう。