信頼できる皮膚科でにきび跡をなかったことに。

諦めかけていたニキビ跡、治せます

生活習慣で改善

にきび跡は自分の力で改善することが難しいですが、生活の中でいくつか心がけることによって症状が改善されます。
にきび跡を少しでも目立たなくするためには毎日の生活習慣を見直す必要があります。そうすることで、肌の健康が取り戻されることでしょう。
では、具体的にどのような生活習慣を心がければよいのかお教えします。

・洗顔
毎日行う洗顔は、清潔な肌を保つためには欠かすことが出来ません。しかし、洗顔方法を誤ってしまうと、余計に肌を傷つけてしまいます。そのため、正しい方法で洗顔をしなければなりません。洗顔を行うときには、強く洗わないことと、過剰に洗い過ぎないことが大切です。できるだけ肌に刺激を与えず、適度に皮脂を落とすようにしましょう。

・食生活
体の内側から健康な肌を育てるためには、十分な栄養を摂取する必要があります。肌のターンオーバーを活性化するためにはタンパク質(魚、肉、豆類、乳製品など)、肌の老化を防ぎ、肌の粘膜を修復する働きのあるビタミン類(緑黄色野菜、果物など)を摂取するようにしましょう。ただし、一つの食品に偏るのではなく、栄養バランスが整った食事を心がけましょう。

・睡眠
肌のターンオーバーに欠かすことが出来ません。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、古い角質を除去して新しい皮膚細胞を生成します。上質な睡眠を常に心がけましょう。

このようなことに注意をして、皮膚科で適切な対処をするようにしましょう。