信頼できる皮膚科でにきび跡をなかったことに。

諦めかけていたニキビ跡、治せます

跡が残るメカニズム

にきび跡というのは、名前の通り「にきびができていた跡」のことです。
にきびが炎症を起こしてしまうと、炎症が収まったとしても赤や茶色の跡が残ってしまいます。
ただ、にきびが出来ると必ず跡が残ってしまうというわけではありません。また、跡が出来た場合でも一定期間が経過すれば跡が消えているということもあります。
跡が残ってしまう場合と残らない場合の違いというのは「炎症の程度」によります。にきびの炎症が小さければ特に跡が残ることはありませんが、炎症を起こしてしまっているという場合には跡が残ります。
また、にきび跡が残ったという場合でも、軽度の状態であれば肌のターンオーバーによって、いずれ消えます。

皮膚というのは、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっているのですが、炎症のダメージが大きければ大きいほど皮膚の内部へ影響を及ぼします。
表面だけダメージを受けているということであれば、ターンオーバーで跡が消えます。ただ、真皮にまで届いていることで毛細血管が傷つき、赤みを帯びたにきび跡が残ってしまいます。また、皮下組織にまで届いている場合には、患部が凹んでしまう、しこりが残ってしまうというように修復が大変困難となります。

にきび跡は、炎症の度合いが大きければ大きいほど跡が残ってしまい、完治が難しくなってしまいます。
そのため、美しい肌にするためにも早めに皮膚科で治療を受けるようにしましょう。