信頼できる皮膚科でにきび跡をなかったことに。

諦めかけていたニキビ跡、治せます

スキンケアで改善

健康な素肌の状態でもにきびができている時、にきび跡が目立つときなど、どのようなときにでもスキンケアは欠かすことが出来ません。
スキンケアの役割は、肌に水分や栄養を与え、健康な状態の肌へ導きます。また、肌の状態や肌質に合わせて適した化粧品を使用する必要があります。
毎日のスキンケアでにきび跡を目立たなくするためには、どういったことに注目すればよいでしょうか?

にきび跡の種類によって適したスキンケア用品が異なります。
表皮に出来てしまったにきび跡であれば、色素沈着を改善することとなりますので美白成分が含まれているスキンケア用品を使用することが適しています。美白成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが挙げられます。
赤みが残っているにきび跡やクレーター気味になっているにきび跡であれば、肌のターンオーバーを活発にし、肌本来の治癒力を高めるものが適しています。ピーリング効果のあるスキンケア用品がターンオーバーを活性化します。
にきび跡がしこりや深いクレーターとなってしまっている場合には、スキンケアで改善することは困難です。そのため、皮膚科で治療を受けることとなります。ただ、自分で肌のちからを高めるためには、紫外線対策効果のある化粧品を使用する、肌に負担をかけにくい化粧品を使用するようにしましょう。